「飴色紅茶館歓談」八つ橋のティータイム

本の紹介

お茶が出てくる本シリーズ!

本の影響力ってすごいですよね…
例えば、ぐりとぐらを読んでカステラを食べたくなった人は多いはず…!笑

さて今回の記事は、
「お茶がでてくる本をご紹介&実際に飲んでみよう」企画です☺️

「飴色紅茶館歓談」

今回ご紹介する本はこちら🌱
漫画です☺️

「飴色紅茶館歓談」
著者:藤枝 雅   一迅社

ざっとあらすじ&感想(ネタバレなし)

紅茶店を営む店主(女性)とアルバイト店員(女性)のラブストーリー?です🌱
※百合と言われるジャンル。苦手な方はすみません
とはいってもちょっとしたラブなので、可愛らしい感じで読みやすいかと☕️

物語全体に漂う優しい、のんびりとしたゆるい空気が素敵な漫画です📗
こんなお店が近所にあればなぁ〜と思うほど。

店長さんのお茶愛もすごくてほほえましいです☺️

物語に出てくる八つ橋のティータイムを再現

本をお持ちの方は1巻の3話目を開いてくださいね☺️笑

お土産に八つ橋がほしいという店長さん。
独自の楽しみ方があるんだとか🍵

八つ橋のニッキの香りをシナモンティー風に楽しむ作戦でした☕️

ここでのポイントは
主張が強くない、香りが弱めの紅茶を使うこと

というわけで、かなり庶民的な見た目になってしまいましたが再現してみました🌱
紅茶は軽めのニルギリを使用☕️


「いやいや一緒に食べてるだけじゃん」と思うかもしれませんが、
なかなかしっかりシナモンティーが楽しめます。これは面白いです🌱

お土産に頂きがち(?)な八つ橋🌱
そして緑茶やほうじ茶あたりとあわせがち(?)な八つ橋ですが
是非ともこんな楽しみ方も皆様やってみてください☺️

その他、魅力的なお茶の世界

そのほかにも色々魅力的な紅茶エピソードが満載です📕

旬のダージリンや…

アレンジティー…

パフォーマンスティー(?)…

スコーンのお茶会…

などなど…
紅茶好きにはたまらない話が盛りだくさんです🌸

気になった方は是非読んでみてくださいね📚

 

ではみなさん良いTeatimeを🌱
It’s Always Tea Time!☕️

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました